• 経費精算もIT化の時代です

    企業の経費精算というと、紙ベースで使用場所・使用金額・勘定科目・使用理由などを書き込んだ清算書を作成し、上司の承認を得て、庶務担当などを通じて経理部門へ提出し、しばらくすると庶務担当から相当金額を渡されるという方式が圧倒的に多いケースとなっています。
    さすがに今の企業での経費精算では、現金を取り扱うのはできるだけ少なくするということになっているので、清算書を提出した後は、あらかじめ指定した口座に振り込む方式を採用しているところがほとんどです。

    経費精算サイトが一番おすすめです。

    しかし、これらの一連の行為はIT化時代ですから、専用ソフトを活用すれば、いとも簡単に作業効率をアップすることができます。

    必要な経費精算をパソコンなどに組み込んだソフトで行うというものです。



    前述した場所・金額・科目・理由などの所定事項をインプットするだけで、後は自動的に指定口座振り込みまでが行われます。上司の承認は必要ですが、それはパソコン上で上司が承認クリックすることで済みます。



    中には、精算作業を部下が終えたことをクリックすると、上司のところのメッセージが届くという便利な機能を備えているものもあるので、事務作業が滞るということもありません。

    領収書の処理は面倒ですが、税務監査などもあるので省略することはできないので、別途提出が必要ですが、それを除けばその他のことは効率が一段とアップします。企業の中には経費とともに交通費精算もセットで組み込んでいるところもあり、そうなるとさらに効率は良くなるというものです。


  • 経費精算のためになる情報

    • 会社の経営において大切なことは、いかに売り上げを伸ばすか、と考えてしまう人もいますが、他にも見るべき箇所があります。例えば経費精算です。...

  • 経費精算が気になる方

    • 事業の経費は、現地でいったん担当者が立て替え払いをする場合のほかに、請求書が来て後払いをする場合と会社名義のクレジットカードを利用する場合などがあります。従業員が立て替え払いをする場合はその都度精算したり、1カ月などの定期的なサイクルで集計して経費精算する場合がありますが、クレジットカードの場合はカードの利用時期と重複計上に注意が必要です。...

  • 経費精算の補足説明

    • 低い経済成長率や生産年齢人口の減少による人材不足など、企業を取り巻く経済社会情勢は年々厳しさを増しています。こういう時には、業務はどんどん効率化していかないと生き残っていくことはできません。...

  • 経費精算の意外な真実

    • 会社にとって経費精算業務は重荷といっていいでしょう。確かにちゃんと精算をして経費を計上することは大事なことには違いありませんが、このような経理業務は直接的に売上増大などに関係する仕事ではないので、なるべく楽にさっさと終わらせたい業務だというのが会社の本音です。...